FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

undaily gate in OSAKA !!

先日、大阪での公演の衣装製作のご依頼がありまして。

上杉真由さんというバレエダンサーさんに衣装を製作しました。

作品名は「移ろい華」、振付・構成は原田みのるさん。

通常、こういった東京から距離がありちょくちょく足を運べない場所からのご依頼の場合、
①デザインの打ち合わせは作品のDVDとダンサーの写真を見ながら電話かメールで済まし、
②採寸は採寸ガイドを参考に各自採寸していただき、
③仮縫い時にようやく現地に!という流れなのですが…
今回は打ち合わせと採寸は現地で、あとはすべて先方に託すという恐ろしく強行な状況だったのです。

とはいえ、写真ではなく実際にご本人にお会いして採寸し、作品を生で確認できたということは、想像で補う部分が少ないだけに意外とやりやすかったようなのです。
もちろん、通常のやり方でも仮縫い時に修正できるので全く問題はないのですが。

今回に限っては、打ち合わせ時に上杉真由さんに直接お会いしてその人柄と空気感に触れることが、とても重要なポイントだったのだと思います。
真由さんはとても華奢でかわいらしい方なのですが、打ち合わせ時と仮縫い時の映像を見比べた時にその豹変ぶりに目をみはりました。打ち合わせ時には淡々と確かめるように踊っていた真由さんが、仮縫い時には作品に寄り添うように流麗に踊っている!!作品に対する真摯な姿勢が滲み出ていて、まじめな努力家さんなんだなぁと感服しました。加えて、このデザインにして正解だったな〜と会心の笑み(笑)

今回の衣装はとてもボリュームのあるパンツスーツなのですが、真由さんは見事に捌ききってくれました。
下の写真は真由さんのブログから転載した舞台写真です。別のショットも掲載されていますのでご興味の有る方は真由さんのブログへどうぞ。

click HERE →→『 バレエダンサー上杉真由のブログ

o0480070212454018990.jpg

よく「衣装のおかげ」なんておっしゃってくださる方がいますが、それは違います。「作品やダンサーのおかげ」なんです。そうでなければ、デザインのインスピレーションも湧かないんですよね。ソロ作品の衣装を作る時には特に強くそう思います。空っぽの作品だったり、中身のない技術だけのダンサーだったりするとこちらとしても表現する術が全く湧いてこない。おかげさまで作品運に恵まれているようでめったにそういうことはないのですが…

作品はそのヒトそのもの。衣装もまた然り、「そのヒトそのもの」なんです。


P1030753.jpg

ところで、この「移ろい華」、実は「seed」というduo作品のsoloバージョンなのです。

年内にはduoバージョンもお披露目できるはず。

詳細はまた追って。


どうぞ、お楽しみに。














スポンサーサイト
プロフィール

UNDAILY GATE

Author:UNDAILY GATE
undaily gateは
主に舞台やダンスなどのオーダーメイドコスチュームを製作しています。
ひねもすのたり(3):釈迦力(1)でお気楽に生きていきたい今日この頃。
undaily gate web →→
http://undailygate.web.fc2.com/
undailygate Facebook page
twitter 「daily gate info.」@oct20120425
もヨロシクお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。